お金中心に生きてきた、ご主人にせまる危機

ご主人に危機せまる

どうしていいか分からないご主人が続出?

人類がアップグレードしているかもしれない今
奥さまのあなたは、悠々とアセンションできると思います
ところが問題なのは、ご主人の方です
たとえ世界が変わったとしても
これまでに培ってきた自分の地位、財産、プライド
ご主人には非常に大切なものです
それらが重要でなくなったら…
ご主人は路頭に迷うような気持ちになると思われます

 

目 次

「俺はお前より稼いでいるんだから、お前より偉い」

もしお金に困らない世界になったなら、困るのは、ご主人なのかもしれません。

つい、この間も奥さまに対して

「俺はお前より稼いでいるんだから、お前より偉い」

と言った、ご主人がいました。

国民全員に潤沢にお金が行き渡るようになったら?

仮に、ご主人が会社で働いて、より多くを稼いだとしても基礎となる生活が保障されるようになったら、どうでしょう。

奥さまは自分のお金で、生きていくのに、じゅうぶんな生活もできるのだったら?

このような、ご主人の発言が、一笑に付される日が来るのかもしれないのです。

ご主人の方がお金に対する呪縛が強い

今までの多くの思い込みや概念を覆(くつがえ)す日が迫っているかもしれません。

それは、ご主人にとっては、あまり気持ちのいいものではないでしょう。

抵抗感を覚えるかもしれません。

稼ぐことが悪いのか?と自問自答するかもしれません。

私が危惧しているのは

「稼いでいる自分」

に価値を置いているご主人が、どうなるのかです。

お金を稼いで家族に自分の価値を見せてきたご主人方。

人より多くを稼ぐことで自分の価値を上げようとしてきたご主人方。

お金中心の世の中でしたから仕方ないといえば仕方ない。

みんな心の底では、お金に縛られる生活はもう嫌だ、と思いつつ、ずっとこの生活を続けてきたのです。

一家の大黒柱である、ご主人は、その呪縛が奥さまよりも大きいと思います。

ご主人の戸惑い

奥さまはお金に困らない世界への移行は、比較的たやすいだろうと思います。

しかし、ご主人には苦労を伴うと考えられます。

自分の義務だと身を粉にしてきた労働にも変化が出る、お金がすべてではなくなる。

その戸惑いです。

 

奥さまは何て素晴らしいんだろう!とすぐに受け入れられるようなことも、ご主人には難しい場合もある、と想像します。

これまで、お金のことで揉めてきたご夫婦は、これをきっかけに互いの存在を見つめ直すのではないでしょうか。

価値観が、お金から違う方面へ広がったなら、ご主人の価値観も変わる可能性があります。

 

家族よりも、お金や労働を優先してきた、ご主人が、もっと家族に目を向けてくれるようになるかもしれません。

働くばかりに時間を取られてきたご主人も妻のあなたや、お子さんと一緒にいる時間が増えるかもしれません。

ご主人は、すぐに受け入れられなくても本当ならいいことだ、と徐々に思うようになるのではないかと思います。

ご夫婦ともに、お互いの価値を見出すこと

お金を稼いで

「あなたは、スゴイ」

と言われ続けたかった、ご主人。

その世界が変わったら、ご主人も変わらざるを得ないでしょう。

その時は、ご夫婦ともに、お互いの価値を再確認してみましょう。

お金ではない価値観です。

家族に対する貢献や、思いやりや、優しさ。

お互いに、どう接してきたか、これからは、どう接するのか。

おそらく、たくさん話すことが出てくると思います。

話してから、ご夫婦としてどうしていくのか、いろいろな道が選択肢として出てくるのではないでしょうか。

この先も一緒にいるかどうかは、お互いを尊敬、尊重できるのか、その氣持ちがずっと維持できるかどうか、でしょう。

これまで、外を中心に目を向けてきたご主人も、あなたの大切な家族にもっと目を向ける努力をしていただきたいですね。

多くのご夫婦に、こんなに楽で幸せな日があったのか、と思える日々がくると思います。


 

ご相談内容は…夫婦愛修復 家庭内別居 ご夫婦のお悩み 浮気・不倫など お氣軽にお問い合わせください info@kimi-inoue.com

関連記事

  1. 五六七…新型コロナ? 日月神示から

  2. 「家庭内別居の夫と10ヶ月ぶりに話ができました!」

  3. あなたの心を軽くする!ブロック解消 えをとめ(R)セッション旧価格で受…

  4. 「守られているのかなぁと思いました。」

  5. 家庭内別居解消 夫婦修復 夫の理想の女性像とは?

  6. 祖母の言葉と近江商人の心得

  7. スカイプ会議みたい!ネットで、オンラインお話会をしました

  8. すごいと言われたい夫

    家庭内別居 夫婦修復 すごいと言われたい夫